このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーエレメックス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

リコーエレメックスの環境保全活動

環境保全活動の基盤と領域

リコーグループでは、環境保全活動を行うための基盤と領域として、5つの基盤と3本柱をあげています。3本柱については、それぞれ製品系と事業所系に分けて考えています。

画像:環境保全活動の5つの基盤と3本柱

2010年度 環境活動の実績

リコーエレメックスでは、2008年4月~2011年3月の第16次中期経営計画の環境行動計画に基づいて、次のような活動を行っております。

狙い 目的 2010年度目標 達成状況(2011年3月現在)
生産活動に伴い発生する排出物の削減 包装材に関する資源ロスの削減 2006年度比20%削減 海外調達部品の増加により、ダンボールの廃棄量が増加したため、5%の削減にとどまりました。
全生産部門での排出物発生量低減 2006年度対比で絶対量が増加しないレベル(1,325t) 排出物発生量は870tで目標を達成しました。
生産活動に伴う用水使用量削減 生産プロセスに使用する水使用量の削減 2006年度対比で絶対量が増加しないレベル(87.3千t) 水使用量は61千tで目標を達成しました。
業務(オフィス)での環境負荷低減 OA用紙使用量の削減(事務用途) 2007年度対比で絶対量が増加しないレベル(15,416kg) 用紙使用量は9,708kgで目標を達成しました。
生産活動に伴い排出する温室効果ガス(CO2その他)の削減 国内の生産活動に伴い発生するCO2排出量の削減 1990年度比12%削減(350t) 削減量は422tで目標を達成しました。
事業所で使用する化学物質に関するリスクマネジメントの強化 化学物質に関するリスクマネジメント体制の構築 使用量の多い化学物質についてのプロセス収支把握 使用量の多いエタノール使用の収支管理を開始しました。
環境影響化学物質の使用量・排出量削減 使用量:2000年度比30%削減レベル維持
排出量:2000年度比80%削減レベル維持
環境影響化学物質の使用量は57%削減、排出量は100%削減でき、目標を達成しました。
製品含有化学物質マネジメントのレベルアップ EU REACH規則要求事項の反映 2010年度目標
EU REACH規則に必要な仕組みを確立させ、定着させる
各部署の役割を明確にした運用標準、情報伝達ルールを作成しました。
生態系保全のための地域社会貢献活動の推進 森林、生物多様性に関わる活動の実施 各事業所で、年次計画に基づいて実施 恵那では社有林の保護活動を行い、岡崎では北山湿地保護活動に参加しました。