このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーエレメックス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

第10回えな環境フェア2016で「えなの森」をPR

2016年10月29日

岐阜県恵那市内の恵那市市民会館で「えな環境フェア2016」が開催されました。このフェアは2007年に始まり、今年で10回目を迎えました。今回は節目の年にふさわしいテーマとして掲げた「大環境祭」のもと、近隣企業や自治体、学校、NPO団体など34の企業・団体が出展しました。 当社は「リコーえなの森」(以下「えなの森」)のPRを実施しました。ブース内に「えなの森」の活動に関するパネルを掲示し、来場者に森の概要や活動の目的などを説明しました。 また、高校生以下を対象に「えなの森」の木などを使った工作教室を開催しました。工作は「森のランプ」「えなの木片ペンダント」「えなの木片ストラップ」の3種類を用意しました。「森のランプ」は、空き瓶の中に「えなの森」で集めた松ぼっくりやどんぐりなどの木の実、小枝とともに、色付きのランプを入れて光らせるインテリアです。その他、小さな子どもでも簡単に作ることができる木片に紐を通した「森の木片ペンダント」、色を塗ったり削ったりと自由に加工した木片を使った「森の木片ストラップ」が子どもたちの人気を集めました。工作教室の参加者は100人を超え、ピーク時には待ち時間ができるほど大盛況となりました。 子どもたちは自分で考えて作った世界に1つだけの作品を手に記念撮影するなど、とても愛着が湧いた様子で、自然を利用した工作などを通し、約3000人の来場者に「えなの森」をPRしました。

人気を博した工作教室

人気を博した工作教室

完成した「森のランプ」

完成した「森のランプ」