このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーエレメックス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

製造現場監視システム

  • 製造現場を"見える化”して現場力の向上にお役立ちするための製造実行システム(MES)です。
  • 製造現場の“品質・効率・生産”情報をリアルタイムに収集・集約・提供することで、QCDの改善につなげます。
  • MES (Manufacturing Execution System)

画像:特長1 製造現場の“精度・効率向上”

画像:特長2 製造現場の“見える化”

製造現場のQCD改善におけるご要望・お困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

■お問合せ先
リコーエレメックス株式会社 機器事業本部事 業統括センター L-TF(エルティーエフ)  TEL0564-23-5839
kyoyu.seiki@mail.rex.grp.ricoh.co.jp

概要

  • 製造現場における「製造記録」「作業内容」「設備稼動実績」など“品質・効率・生産”の実績情報を精度よく手間をかけずに、リアルタイムに収集・集約・提供して製造現場を“見える化”します。
  • 蓄積されたデータは、指標トレンド、トレーサビリティ、品質特性などの製造現場の日常管理(SDCA)と改善管理(PDCA)へ利活用します。

システム構成

画像1:特長1 製造現場の“精度・効率向上”

システム機能

5つの現場プロセス(横軸)に対して、4つの業務プロセス(縦軸)に対応した機能をご用意しています。

画像2:特長1 製造現場の“精度・効率向上”

主な効果

製造現場の実績情報をリアルタイムに精度良く手間をかけずに収集・集約

  • 製造工程や作業内容に適応した実績収集機能でデータ精度と収集効率を向上させます。
  • 計画指示、製造記録などの手書き業務を削減します。
  • 工程内での作業を自動照合・判定することで、組み付けミスなどヒューマンエラーを防止します。

製造現場を“見える化”

  • 生産状況や設備稼働状況をリアルタイムに把握することができます。
  • “品質・効率・生産”の閾値を設定することで、製造現場の異常を自動検出することができます。

蓄積したデータの利活用

  • 製造現場指標の予実績と傾向が常時把握でき、日常管理を円滑にします。
  • 体系的な製造履歴(トレーサビリティ)と自由度のある検索条件の指定で、品質問題発生時の追跡や発生事象の層別を容易にします。
  • 統計的な管理図を用いて品質特性の傾向把握やバラツキ原因の特定ができます。

現場力の向上

  • 現場情報を分析し現場活動へフィードバックすることで、製造現場のQCD改善につなげます。
  • システムの有効活用と継続的な改善活動のノウハウが身につきます。
  • 継続的な改善活動の実践を通じて、改善活動の推進人材が育成できます。

特長

リコーグループで10年以上にわたる運用実績を通じて進化し続けてきたシステムです。

自社およびリコーグループの国内・海外10箇所以上の生産拠点へ導入展開し、10年以上にわたる運用を通じて改善を積み重ねてきました。製造現場でのシステム利用者の立ち場で、より使いやすいシステムに磨き上げられています。

製造現場の特徴に応じた実績収集インターフェイスで様々な製造現場に対応します。

人主体の組立現場、設備主体の組立現場、設備主体の加工現場など、各種インターフェイスをご提供します。

画像:特長2 製造現場の“見える化”

システム構築から稼動後の有効活用まで積み重ねてきた経験とノウハウでお役立ちします。

  • 仕様検討から本番稼動まで弊社スタッフが参画し、お客様の製造現場に最適なシステム運用を構築します。
  • ご要望に応じて、システム導入後も御客様の現場で改善活動を推進し、現場力向上のお役立ちをいたします。

お客様の既存インフラまたはクラウドインフラのどちらでもご提供できます。

お客様が利用されている既存インフラ、リコーグループがご提供するクラウドサービス、お客様のインフラ環境に合わせてシステムを導入します。

導入ステップ

画像:特長3 製造現場の“継続的改善サイクル”

  • インフラ環境(サーバ・PC・設備とのインターフェイス等)は、お客様のご要望に合わせてご準備させていただきます。