このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

リコーエレメックス株式会社

このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

English

現在地

Share

ここから本文です

社長からのメッセージ

リコーエレメックスは、1938年の創業以来、精密加工技術をベースとして世の中にお役立ちできる製品・サービスの提供に取り組み、新しい価値を共創することで、お客様とともに成長してまいりました。

現在はリコーエレメックスの創業事業である時計の精密加工技術、精密組立技術から進化した「精密機器(高精度部品ユニット、産業機器等)」、リコーグループの基盤事業である「情報機器(複写機・プリンター用周辺機器等)」の事業領域で、全従業員が日々KAIZENを積み重ね、お客様にご満足いただける製品の開発、製造に取り組んでおります。

開発設計では、リコーグループが掲げる開発設計の思想「作らずに創る」実現の5軸のもと、プロセス改革を実践しております。精密機器の事業領域では0ppmのもの作りを基本に、精密加工技術やノウハウに加え、品質機能展開や品質工学の活用、良品しか生み出さない自工程完結のもの作りを展開。品質の保証はもとより、物流までを含めてお客様の価値をこれまで以上に高める提案を行い、お客様満足を追求しております。

お客様の求める価値は多様化し、変化のスピードも加速しております。絶えず変化するお客様のニーズにお応えするため、私たちは常に技術革新を進め、次代を先取りする技術の獲得に力を注ぎ、技術による新たな価値の創造にこれからも愚直に取り組んでまいります。

また、リコーグループの一員として、CSR(企業の社会的責任)への取り組みも強化しております。コンプライアンス(法令遵守)活動、環境保全活動等を重視し、環境を通した地域との密接なコミュニケーションの向上をはじめ、よりよい社会、持続可能な地球の実現を目指しております。私たちは、これらの活動も企業価値の向上、ステークホルダーの皆様への貢献につながると信じ、今後も積極的に取り組んでまいる所存です。

画像:代表取締役 社長執行役員 鈴木将嗣
リコーエレメックス株式会社
代表取締役 社長執行役員
鈴木 将嗣